カードローンの審査に通らない理由はこの3つ!

【年収】【他社借入】【返済履歴】は大丈夫!?

フリーローン

カードローンの審査には複数の審査項目があります。

主な項目だけでも、

・年収
・年齢
・職業
・勤続年数
・住居
・家族構成
・他社からの借入状況
などがあります。

審査項目や審査基準は各金融機関によって異なり、基本的にはオープンになっていません。

それだけに審査については分からないことが多く、インターネット上でもYAHOO!知恵袋や教えてGooなどの質問サイトに多くのQ&Aが掲載されています。

上記のように審査項目は大きのですが、その中でも特に注意してチェックされる項目が3つあります。

それは【年収】【他社借入】【返済履歴】の3つです。


【理由1】低年収で審査落ち

基本的に年収が低い人は審査に落ちやすいです。

金融機関の公式サイトで借入れ条件をチェックすると、年収200万円〜300万円くらいを基準にしているローンサービスが多いです。

もちろんこれらの年収をクリアしていると必ず審査に通るわけではありません。

例えば年収500万円くらいあっても、審査落ちするケースがあるのです。

それはどんな場合かというと・・・

【理由2】他社借入が多いと審査落ちしやすい

年収が多くても審査落ちする場合は、現時点で既に他社からの借入れが多い人に見受けられがちです。

というのも、金融機関の審査部門が返済能力を試算する場合に下記のような計算式で試算します。

貸出し可能額=(年収)ー(生活費)ー(他社返済額)

つまり、収入から日常生活の生活費と今現在返済している借金の金額を差し引いた残り分がMAXの返済額と試算するのです。

もちろん、本当はもっといろいろな要素を含めてもっとシビアに計算されますが、大枠のイメージはこんな感じでの計算となります。

つまり年収が500万円あっても、生活費と返済額の合計が500万円を超えていれば、新規で貸し出しはできないということです。

返すお金がないことが容易に想定できるので、審査落ちは当然です。

ちなみに他社借入額は専門の信用情報機関で確認することができるので、ごまかしてもすぐにバレます。

収入と支出のバランスが崩れていると、お金の借入れはできないと思って下さい。

でも、その前にもっと大切なチェックポイントがあるんです。

それは・・・、


【理由3】過去に金融事故があると、ほぼ100%審査落ち!

銀行やクレジット会社・消費者金融などからの借入れやローンで、過去に返済遅延などのトラブルを起こしたことがある人は、ほぼ100%の確率で審査落ちします。

クレジットカードのショッピングローンや自動車ローン・住宅ローンの返済など、とにかく全ての借入れが対象となります。

回数や頻度、遅延時の対応などによって違いますが、金融事故の実績は信用情報機関にデータとして残ります。

一般的には3ヶ月間の遅延をした段階で、個人信用情報機関に金融事故という遅延履歴が残るとされています。

金融機関はあなたがローンの申し込みをした時点で、信用情報機関に問い合わせて過去に返済トラブルがなかったかを調べます。

この時点で返済トラブルの実績があった場合は、ほぼ100%審査に通りません。

金融事故は5年〜10年でデータは消えると言われていますが、その間は借入れできないものと思ってください。


過去に金融事故を起こしている場合はカードローンの借入れは無理ですが、その他の場合は借入方法がありますので下記の記事を参考にしてみて下さい。

低年収の方に人気の楽天銀行スーパーローン

カードローンの審査には必ず年収条件が設定されています。

年収が低い人は返済能力が低いと判断されて、ローン審査に落ちたり、借入額が減額されたりすることがあります。

しかし、年収は前年度のものを提出するので、今さらどうしようもありません。

だから低年収の人の場合は、前年度の収入証明を提出しなくてよい金融機関から借入れをする人が多いのです。

例えば楽天銀行スーパーローンでは、限度額200万円以下ならば前年度の収入証明書の提出が不要です。

楽天銀行といえば楽天市場や楽天イーグルスで有名な楽天グループの金融機関で、安心して借入れができるローンサービスとして人気です。

インターネットから24時間いつでも申し込みができるので、平日の日中は忙しい人でもネット経由で簡単に申し込めます。

アルバイトやパートの方でも申し込みができるのも嬉しいですね。

★楽天銀行スーパーローンの詳細はコチラ≫≫楽天銀行スーパーローン公式サイト


その他、人気のフリーローンはコチラになります。

王冠 プロミス
120*60

【3秒診断】

借入利率:4.5%〜17.8%、限度額:500万円

担保・保証人:不要、最短で1時間融資が可能

30日間無利息が魅力のプロミス。初めての借り入れ翌日から適用となるのは プロミスだけ!(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

★詳細はコチラ こちらプロミス公式サイト

年率
4.5%〜17.8%
詳細ページへ
王冠 ≪アコム≫
アコム

3秒診断で借入可能かすぐに診断!

どこにいてもネットで申し込みから契約まで可能!パート・アルバイトの方も申し込みOK。

実質年率:4.7%〜18.0%。融資額は「1万円〜500万円」。

来店不要で即日振込みも可能!審査回答が最短30分で。

★詳細はコチラ こちらアコム公式サイト

実質年率
4.7%〜18.0%
詳細ページへ
王冠 ≪モビット≫
120x60 竹中さん ループ

10秒結果表示

実質年率:4.8%〜18.0%、利用限度額:1万円〜500万円

お申込みもご利用もネットのみでOK。電話なし&郵送物なしでWEB完結が可能になりました。

銀行・コンビニ等全国でご利用可能で、とっても便利♪急な出費に素早く対応!

★詳細はコチラ こちらモビット

実質年率
4.8%〜18.0%
詳細ページへ

カードローン審査に通らない理由とは

カードローンに申し込む場合に、カードローン審査について心配なる人が多いようですね。 自分の年収や職業、借金などが審査の基準をクリアしていないため審査落ちするんじゃないか・・・と考えてしまうみたいです。 確かにカードローンついては審査基準が明確になっておらず、審査項目もたくさんあると言われています。 審査項目については「収入・他社借入額・返済履歴・職業・家族構成・住居」などが挙げられます。 この中でも【収入】【他社借入額】【返済履歴】の3つは、特に重点的にチェックされる項目となっています。 借り入れする人の返済能力を計算する場合に、「返済可能額=収入ー生活費ー他社返済額」という計算式がシミュレーションれます。 他者からの借り入れが多く毎月の返済額が足かせになって毎月の収入だけでは返済がギリギリの場合、新たにローンを組んでも返済トラブルが起こる可能性が高くなります。 そのような場合は審査に通らないことが多くなり、審査落ちしてしまうことになります。 審査に落ちた人の話を聞くと、年収が低かったり、他社ローンの残債が多かったり・・・と言う人が多いです。 また、過去に借金の返済トラブルがあった人などは、高い確率で審査落ちすることとなります。 返済トラブルや返済事故は、専門機関の信用情報にデータ保存されていて審査時に確認されます。 過去に遅延・未返済・自己破産などの実績がデータに残っている場合、新規で貸し出しても同様のトラブルが発生する可能性があると判断され審査落ちしてしまいます。 データ保存期間は5年から10年と言われていますが、信用機関やその内容によってデータ保存日数は異なります。 カードローン審査に自信がない人は、審査が甘い金融機関や審査がゆるいローンサービスを探そうとする傾向にあります。 基本的に審査が甘い金融機関などはありません。 審査の基準が低い金融機関では、その分だけ金利を高くしてリスクヘッジを図ろうとしています。 カードローン審査は心配になるのであれば、まずは自分の信用力(年収・他社借入れ額・過去の返済履歴)を改めて明確にしてみてください。 その上で公式ホームページなどで明記されている貸付条件などと比較して、審査が通る可能性が高いカードローンを探しましょう。

Copyright © カードローン審査に通らないあなたへ@審査落ちの理由と対策について All rights reserved